卒乳後に集中的に

「出産後、母乳で育てていれば赤ちゃんに栄養を取られていくから自然に痩せるよ」と言うみんなの言葉を信じていたものの、一向に産後の体重は変わらず・・。
でもやはり授乳をするとお腹がすくので、たくさん食べていたもののさすがに体重が増えるという事はありませんでした。

かといって、まだ慣れない子育て生活の中で自分の時間を作ったり、運動する時間を作ったりするのも難しく余裕もなかったので、私は授乳している期間はきっぱりとダイエットは諦めました。

そしてぴったり1年で母乳での育児をやめ、自分にも余裕が出てきたので本格的にダイエットを始めました。
今までは自分の食べた物は子供へも母乳でいってしまうのでサプリなども飲みませんでしたが、まず自分の代謝をあげようと酵素を夜と朝に飲み始めました。
そして少しだけ夜ご飯は控えて、軽いストレッチをして寝る。
この生活を3か月続けただけで、体重は産前より少なくなったし、服のサイズも9号だったのに物によっては7号のものまで着れるようになりました。

産後の体系戻しは6か月以内がいいと言われていますが、1年たった後でも可能です。
骨盤などに関してはもしかするとしっかり戻っていないかもしれませんが、見た目の体系は痩せたと言われたので大成功です。
骨盤に関しては産後すぐにベルトやガードルなどを使ってしっかり締めあげて戻しておけば、痩せて体系を戻すのはもっと後でも間に合います。

産後ダイエットのポイント

妊娠中に増えてしまった体重を出産後に戻さないと焦る女性は多いと思います。

母乳をあげている方は、何もしなくてもするすると体重が戻っていくことも多いです。
産後のダイエットの目安は、産後6か月までが勝負と言われています。
増えてしまった体重だけでなく、妊娠前のようなスリムな体型に戻すにはどうしたらいいのでしょう。

まずは、出産で開いてしまった骨盤を締めることです。
骨盤が広がったりゆがんだりすることによって、体の代謝が悪くなるといわれています。
骨盤ガードルや骨盤ベルトなどを使って、産後の骨盤ケアをしっかりとしてあげることが重要です。

出産後は、赤ちゃんのお世話などに追われてなかなか運動をする時間もないと思います。
そんなときにおすすめなのが、簡単なストレッチです。
母乳をあげたり、だっこをしたり、同じ体勢でいることが多くなります。
なので、朝や夜など時間のあるときに深呼吸をしたり、普段使わない部分を伸ばしたりすることによって代謝も上がってきます。

キレイなママを目指して産後ダイエットを頑張りたいものです。

出産後の変化

妊娠中は食欲がとまらなく、ぶくぶくに太っていました。

妊娠中は、むくんでるだけ、赤ちゃんの分も食べているだけと言い聞かせていたのですが、
実際産み終わってみると、現実を知ることになりました。
かなり体重が増えていて妊娠前よりプラス5キロ増でした。

でも育児に追われ、自分の時間なんてみつけられないので、
ダイエットしてられないと思っていたのですが、
赤ちゃんをあやしながらダイエットをすればいいんだ。
という事に気づきました。

赤ちゃんを寝かせるのに、あやしながらスクワットをしたり、
腰を8の字に回してみたり、時間を無駄なく使えるんです。

そして、立ってる時に太ももの間に手頃なボールを挟み、
落ちないように太ももに力をいれて10分くらいやると、足が細くなります。

この3点を3カ月くらい続けて体重は出産前に戻りました。
そして気のせいか体力もつきました。

つい最近、母乳が終わり、胸がぺちゃんこになってしまい、
こんな体形だったっけ?と驚かされました。

これからは、バストアップをする運動を頑張ります。
もっと前からやっておけばよかった。。

産後のダイエットは子育て

産後のダイエットはダイエットしないといけないと思ってしなくても大丈夫だと思います。
初めての子育ての人も2人目の出産の子育ての人も誰にも一切頼らずに自分で子育てをしていれば、
それが既にダイエットになっています。

私はミルクで子供を育てたのでおっぱいダイエットは出来ませんでした。
しかし、おっぱいで育てなくてもミルクでも子育てをしていれば勝手に痩せていきます。
私は妊娠して14キロ太りました。

産後でもまだ11キロはダイエットをしないといけなくて、
最初は本当にどうしようかなと思いました。

でも、子育てを自分でがんばってしていると勝手に痩せて10ヶ月で元の体重に戻りました。
確かに芸能人みたいに出産後2ヶ月とか3ヶ月で元の体重に戻してしまう
そんなダイエットは運動とかをしないといけないと思いますが、
普通の人なら子育てが忙しくて運動する暇とかもありません。

なので子育てに奮闘していればそれがダイエットになります。
子供と一緒にお散歩に行ったりするのも運動です。
子育てを自分で行う事これがダイエットです。

産後のダイエットに便秘解消は重要

今まさに赤ちゃんを育てている真っ最中の新米ママです。
私は出産前10kg増えた体重を2ヵ月で戻しました。

まず気を付けたのは便秘をしないことです。

授乳中はどうしても体の水分が奪われて
便秘になりがちですよね。
なので、私は便秘だけはしないように
食事で対策をしているつもりです。

繊維質の多い野菜をたくさんとり、
和食中心でなるべく脂っこくないものを
三食きちんと食べるようにしていました。

朝にはヨーグルトとシリアルをとるようにしています。

水もなるべくたくさん飲んでいます。
1日2リットル行かないぐらい飲んでいると思います。

それでも出にくい時には
イージーファイバーを飲んでみたりして
なるべく自然なお通じを心がけています。

ここまでやれば、私はほぼ便秘知らずです。

それ以外は運動ですね。
運動、といっても赤ちゃんがいるので
難しいことはできません。
抱っこで買い物、抱っこで家事、これで充分汗をかきます。

適度に動くことで腸が刺激され
便秘解消にも役立っている気がします。

ただ、産後は疲れが溜まりやすいので
調子の悪い方はあまり抱っこで無理をしない方が良いです。

産後のダイエットに腹筋

産後のダイエットで一番重要なのは私は腹筋だと思います。
妊娠中お腹はどんどん大きくなっていくので腹筋を鍛える事は妊娠中一切できません。
なので出産後は骨盤も開いているので腰とかも本当にがたがたです。

まず、出産後はすぐに骨盤をしめるようにして
骨盤の広がりを元に戻すようにしないといけません。

そして、産後1ヵ月後からは今度は運動を少しずつ開始します。
激しい運動はまだ無理なのでヨガとかが本当は良いと思います。

でも子育ての合間に簡単に出来るのは腹筋だと思います。
子供を産むと腹筋が本当になくなってしまいます。
体の中の筋肉は更にありません。

なので、それを鍛える事が一番のダイエットになると思います。
まず腹筋もですが、普通に上体を上げる腹筋だけでなくて、
脚を上げる腹筋もした方が良いです。

脚を上げた方が下腹にも効くし、体の中の筋肉にもすごく効果があるので
それを1日最初は10回とかでもいいのでして、
それをとにかく毎日すればかなり効果が出ます。

私の場合は、腹筋に合わせて食事の方でも酵素を取り入れたのが、
産後ダイエットに成功した理由かもしれません。

やはり健康的にダイエットしていく場合は、適度に摂取カロリーを減らしつつ、
適度に運動して痩せにくい体にしていくというのが大切ですね。

産後ダイエットには母乳育児と骨盤体操が有効です

私は、25歳の1児の男の子の母です。
4年前に出産し、母乳育児と骨盤体操で産後ダイエットに成功しました。

私は、母乳をあげることでカロリー消費になると、先生に聞いていた事もあり、
母乳育児を実践することにしました。

カロリー消費以外にも、子供に母乳をあげていることを意識することで、
お酒は一滴も飲まなかったし、食べるものにも気を使うようになりました。
こうした効果もあるので、母乳育児をするのがダイエットにも繋がると思います。

出産した病院で、毎日出来る骨盤体操を教えて貰いました。
また、とこちゃんベルトという骨盤矯正ベルトもかなり効果があったように感じます。
1日10分くらいの骨盤体操でしたが、2カ月くらいで、
出産する前のスタイルに戻る事が出来ました。

無理して運動を頑張らなくても、これらの体操と母乳育児をすることで、
産後ダイエットにはかなりの効果があると思います。

育児は、やるだけでもかなりの体力を消費します。
きっちり食べて、健康的に痩せれるようにしましょう。

産後は母乳をあげて

産後ダイエットが大変にならないようにする為には、
まず妊娠中にあまり体重を増やさないことも大切です。

産科の医師からも、妊娠中の体重は8~10kg増までと言われると思います。
難産を防ぐ為や妊娠中毒症を防ぐ為ですが、なんにしろ、太り過ぎは身体に良くありません。

産後は、母乳が沢山出ていれば、自然と3kg位はすぐに体重が落ちます。
お腹も空いて沢山食べても、体重は落ちて行きます。
ですから、赤ちゃんの為にも自分の身体の為にも、
出来るだけ母乳をあげるようにしましょう。

ただ、妊娠する前の体重まで落とすには、少し体操をした方が良いと思います。
これは産後すぐは体力が落ちていますから、骨盤を矯正するストレッチ程度にします。
まず、仰向けに寝て、腰を捻りながら右足の膝を曲げて左足の先の床に付けます。
20秒~30秒そのままの姿勢でいます。
それから、反対の足も同じようにします。

産後2、3か月してもっと体重を落としたい場合は、
まずラジオ体操から始め、段々と体操の種類を増やしていって下さい。
また、食べ物は根菜類を中心に、魚をよく取り、肉類は赤味にします。
甘いお菓子や生クリーム等の乳製品は乳腺を詰まらせるので避けて下さい。

産後ダイエットはおやつをやめること

出産後なかなか体重が戻らない時期が長かったのですが、
わたしは、おかしを食べることをやめたら自然と体重が減っていきました。
 
もともと妊娠中もそれほど痩せてはいなかったので、
産んでからの入院中はまだお腹に赤ちゃんいるんじゃない?
と言われるほど出産だけでは痩せませんでした。
トータル14キロ太ったので痩せるわけはないんですけどね。

出産後は、1か月くらいで幸い完全に母乳だけで育てることができました。
里帰り出産だったのですが、里帰り中は親に甘えて何もしなかったため痩せませんでした。

自宅に帰ってからは、自分と赤ちゃんだけの生活となり、
運動量が増え、少し痩せはしましたが、泣かれるとストレスでパクパクおやつを食べ、
眠かったら子供と寝ての生活でした。

なかなか痩せてこず、写真を撮っても二重あご。
これじゃいけないと思って、おやつをやめました。

そうすると、妊娠前より痩せていきました。
授乳で栄養を取られるとはいえ、それ以上に食べていたから痩せなかったんだな、と思います。

子育てはなんだかんだと体力を使うので適度な運動になってはいたので
妊娠前より痩せたのかもしれませんね。子供に感謝です。

産後のダイエットにコアリズム

妊娠期間中食事制限をがんばったおかげで体重の増加は8Kg程度だった私。
分娩から3日経過した時点で体重は5kg減。
母乳の出もよく、完母育児は痩せやすいと聞いていたので、
3kgくらい何もしなくてもすぐ元に戻ると思っていました。

ところが1ヶ月が過ぎ3か月が過ぎ半年が過ぎてもいっこうに減る気配のない体系と体重。
リフォーム下着を着けてはいたものの、たるんだままのお腹を見ているうちに
このままではいけないと焦りだし、産後半年からのダイエットを始めることにしました。

私が目をつけたのはコアリズム。
育児をしているとジムに行ったりスポーツをしたりはできないけれど、
これなら育児の合間を見つけて部屋で簡単にできます。

毎日40分、眠っている子供の横でDVDを見ながらダンシング。
体を動かすことで育児疲れのリフレッシュにもなりました。

効果を感じたのはダイエットを初めて3週間が経過した頃。
体重はさほど変わっていなかったものの、ウエストが締まったのか
産前に履いていたジーンズが履けるようになっていました。

噂には聞いていたけれどこんな短期間で効果があるなんてコアリズムはすごい。
その後も毎日続けているうちに3か月後には4kgも減っていました。

妊娠前よりもスタイルが良くなったと主人にも褒めてもらえてうれしい。
子供を産んでも、それなりに綺麗でいたいですよね。
これからも体系維持がんばります。