育児と家事を工夫した産後ダイエット

妊娠前から標準より太めだった私は、妊娠してからさらに体重が増え、出産しても元の体重には戻りませんでした。その体重の変化はというと妊娠中は約10キロほど増え、産後はマイナス7キロほどだったので、結局3キロ太ってしまったことになります。

またお腹周りもたるんでしまい、ただでさえもともと太めだったのにもっと太ってしまった体型をとにかく元に戻さなきゃと思いました。

ただ授乳中だったので無理な食事制限などはできません。
そこで我が子の相手をしながら、さらに家事を行いながら大げさに体を動かすということを心がけました。
とくに普段あまり使わないような筋肉を意識しながら、できるだけ体を大きく動かしながら育児や家事をこなしていったのです。

すると最初は筋肉痛に悩まされることもありましたが、だんだん体が軽くなってきて、最終的に妊娠前の体重より5キロものダイエットに成功したのでした。

これがただ大げさに体を動かしていてもそれほどのダイエットにはならないと思いますが、授乳中ということで食べた栄養が赤ちゃんに行っていたことがプラスに働いたのだと思います。

ピラティスに通いました

私がお世話になった産婦人科は、妊娠中の体重についてかなり厳しく、5キロ以上は太ってはいけないと言われました。初めての妊娠でしたので、お医者様の言うとおりに、頑張って体重を増やさないようにしていましたが、後半、どうしても甘いものが止まらず、結局8キロほど太ってしまいました。

出産経験のあるお友達に、「母乳で育てたら痩せられる、すぐに元の体重に戻るから大丈夫。」と言われ、とにかくこれ以上太らないよう気をつけて、出産に臨みました。

出産後、有難いことに、母乳の出がよく、ミルクに頼らず、完全母乳で育てました。1ヶ月過ぎ、3か月過ぎるころ、マイナス5キロほど自然に痩せました。
でも、半年過ぎても、元の体重に戻りませんでした。

母乳で育てると、ものすごくお腹が空き、常に食べ物を口に入れているような状態でした。
あと、3キロがなかなか落ちませんでした。母乳で育てていますから、食べ物制限でダイエットができません。

そこで、ピラティスに通うことにしました。
私が通ったピラティスは、子連れでも良いというところで、いつも子供を連れて通いました。

すぐには、体重は落ちませんでしたが、インナーマッスルを鍛えることによって、妊娠、出産で、ダラーン、ビヨーンと伸びてしまった体形を元に戻すことができました。
妊娠前より、ひきしまったような気がします。
半年ぐらい続けたころ、気づけば元の体重に戻っていました。

腹筋でくびれのあるお腹に戻しました!

私の産後の体形は本当に悲惨でした・・。母乳だったのでおっぱいがだらーんと垂れてしまい、お腹は痩せた人が急に痩せた時になるみたいな皮膚のたるみのようなものがあって、自分の体を見るのが本当に苦痛で仕方なかったのを覚えています。。

私がやった産後の体形の戻し方はとにかく腹筋をして、お腹のだるだるを引き締めることでした。
簡単で単純ですが、これが一番効果がありました。お金かからないですし、。

産後一年間は育児にいっぱいいっぱいで本当に育児だけで本当に一日が終わるかんじだったのですが、一年ぐらい経ってから余裕がでてきたので、朝起きたらすぐに腹筋を毎日50回!を目標にがんばりました。

50回が慣れてきたら背筋も鍛えました。うつぶせに寝て反るかんじの体制を20代くらい繰り返しました。
これのおかげが、はじめて一年経った今では、お腹にくびれも出てきて、結構いいかんじです。

とりあえず、このまま続けてみてこの体形を維持していきたいと思っています。

二段腹に太い二の腕と足、たるんだ顔を元に戻す為に頑張ってダイエットしています

妊娠前は、細くもなく太くもない標準的な体型をしていました。
しかし妊娠してから動く事が少なくなりお腹の中の赤ちゃんの為にと沢山食べる日々、そして産後も子供の世話で手いっぱいでダイエットする間もなかったのです。

やっと余裕が出てきたかなと思った頃には、座ってなくても立派な二段腹に以前の倍はある太い二の腕と足、それに脂肪でたるみきった頬や顎という、太りきっただらしない体型になっていました。
これでは夫に愛想を尽かされるかもしれない、お気に入りの服だって着れないと焦り、同じく産後太りを経験した事のある友人に相談すると、色んなダイエット方法を教えてくれました。

その中で私が実践しているのは、毎朝一杯の白湯を飲む事とラジオ体操、小まめにウォーキングする事と半身浴です。
白湯は一杯飲んだだけでも胃の中からポカポカしてきて新陳代謝を上げてくれます、その後にラジオ体操をするとカロリー消費も効果的です。
そしてウォーキングはご飯の買い出しや子供とのお散歩と、面倒くさがらずになるべく歩くようにしています。
半身浴も代謝が上がり、汗もかいて気分もスッキリしますね。

産後で体が辛く激しい運動が出来ない場合でも、こういった方法なら楽に出来ると思いますし、私もこれを始めてから少しずつですが体型がマシになってきました。

体重は、自然に元に戻ります。

出産で13キロ太りましたが、産後半年で元の体重に戻せました。子供がとても母乳を飲んでくれるので、それが一番大きかったと思います。

まず周りから母乳がでるように沢山食べなさいと勧められますが、食事は今まで通りにしていました。妊娠中食べ過ぎていたので、食生活は気をつかい、甘いものは控えました。

骨盤の広がりはとても気にしていましたが、帝王切開での出産だったので傷口が痛く、骨盤ベルトは使用できませんでした。傷口の痛みもあるので、お腹に力のかからないような、ダンベル体操やヨガ、ストレッチなど軽い運動を選んでやっていました。

なるべく子供を抱っこしたり、天気のいい日は散歩に出かけたり、特別なことはしていません。ダイエットしなければという考えではなく自然に体重を落とせればいいなくらいに考えていました。食べ過ぎないことと、適度な運動をしているだけで体重は元に戻ると思います。子供のお世話だけでかなりカロリーを消費しますからね。

妥協しないで頑張る

私は産後、退院とともにベルトを付けて骨盤の位置を戻すことから始めました。
それから、とにかく自分に妥協しないこと!を常に言い聞かせていました。
産後は実家に戻ったのですが、実家に戻る際、自分の手持ちの服の中でも一番きついものを選んで持って帰りました。

「今まで入っていたんだから入るはず」そう言い聞かせてとにかく自分を甘やかさないようにしました。

初めは本当にきつくて…、一年近く妊婦をやってきて、ゆるい服ばっかり着ていた、という反動もあるんだと思います。
妊婦はきつい服を着ちゃいけないですからね。
そこにとにかく妥協しないこと、きつい服を着ている自分になれること、を言い聞かせていました。
一か月もたったら普通にはけるようになりました。

それから、これは効果があったのかわかりませんが、よく足つぼマッサージをしていました。
赤ちゃんをゆらゆら抱っこしてる時間、何かしたいな、と思って夫に足つぼマッサージの板?を買ってきてもらいました。
で、それに足を乗せながらゆらゆらしていました。

早いうちに骨盤ベルトを

妊娠中に体重が増え、体型も変化します。
特に腰周りがね。

しょうがないとはいえ、ぽっこりしてしまったお腹。
大きくなってしまったお尻。
妊娠前に来ていたジーンズなんて全然入る状態じゃないですよね。

すんごくショックだし、このまま体型が戻らなかったらって思ってしまいます。
産後はね、とにかく早いうちに骨盤を閉めて上げることが大事なんです。

産後ベルトなんていうのがあるでしょ。
苦しいんだけど、とにかく産後ベルトをしっかりと締めて骨盤を締めて上げると、早く体型が戻るんですよ。

中には、妊娠中にむくみがでちゃってる人もいて、産後でもむくみがあったりすると産後ベルトはダメって言われることもあるみたい。
そう言われてしまった人は無理に締めてはダメですよ。

産後の体型戻しには、とにかく出産で緩んでしまった骨盤を締めて上げることが、体型戻しの早道です。
産後の肥立ちが悪くなければ、骨盤ベルトでしっかりと骨盤を締めてあげたり、赤ちゃんを抱っこしてスクワットなんかもいいですよ。

きつくてもいつかきっと履ける!

私は今までに2回出産を経験しました。
普通分娩です。

もともとお尻周りは大きかったので、苦労なく安産でした。
産婦人科の先生には「教科書通りの出産だね」と言われたほどです。

1人目の出産のときにはそれほど気にしていませんでしたが、2人目の出産後は骨盤の引き締め運動をがんばりました。
もう3人目は出産しないだろうと考えていたからです。

出産1日後から産褥ベルトでしっかり骨盤を閉め、寝ている時以外の座っているときや立っているときは必ず、お尻に力を入れて腰を内側に占めるようにしていました。
目標は独身時代に履いていたジーパンを楽々履けるようになる!でした。

2人とも完全母乳で育てていたので、上半身はみるみる内に痩せて行きました。
というよりも搾り取られて垂れて行ったという表現の方が正しいかもしれません。

しかし、思うように下半身が痩せずあっという間に時間が経って行ってしまいました。
ヨガやストレッチ、流行りのなんとか体操というものはある程度試してみましたが、どれも長続きせずで終わってしまいました。

で、思いついたのが、きつくても目標のジーパンを履いていれば意識して動くので徐々に痩せるのではないか?という方法でした。
予想通り!今ではウエスト周りもヒップ周りも若干余裕が出てきました。

この余裕…生地が延びたのではなく、私が痩せたのだと思いたいのです。

卒乳後に集中的に

「出産後、母乳で育てていれば赤ちゃんに栄養を取られていくから自然に痩せるよ」と言うみんなの言葉を信じていたものの、一向に産後の体重は変わらず・・。
でもやはり授乳をするとお腹がすくので、たくさん食べていたもののさすがに体重が増えるという事はありませんでした。

かといって、まだ慣れない子育て生活の中で自分の時間を作ったり、運動する時間を作ったりするのも難しく余裕もなかったので、私は授乳している期間はきっぱりとダイエットは諦めました。

そしてぴったり1年で母乳での育児をやめ、自分にも余裕が出てきたので本格的にダイエットを始めました。
今までは自分の食べた物は子供へも母乳でいってしまうのでサプリなども飲みませんでしたが、まず自分の代謝をあげようと酵素を夜と朝に飲み始めました。
そして少しだけ夜ご飯は控えて、軽いストレッチをして寝る。
この生活を3か月続けただけで、体重は産前より少なくなったし、服のサイズも9号だったのに物によっては7号のものまで着れるようになりました。

産後の体系戻しは6か月以内がいいと言われていますが、1年たった後でも可能です。
骨盤などに関してはもしかするとしっかり戻っていないかもしれませんが、見た目の体系は痩せたと言われたので大成功です。
骨盤に関しては産後すぐにベルトやガードルなどを使ってしっかり締めあげて戻しておけば、痩せて体系を戻すのはもっと後でも間に合います。

産後ダイエットのポイント

妊娠中に増えてしまった体重を出産後に戻さないと焦る女性は多いと思います。

母乳をあげている方は、何もしなくてもするすると体重が戻っていくことも多いです。
産後のダイエットの目安は、産後6か月までが勝負と言われています。
増えてしまった体重だけでなく、妊娠前のようなスリムな体型に戻すにはどうしたらいいのでしょう。

まずは、出産で開いてしまった骨盤を締めることです。
骨盤が広がったりゆがんだりすることによって、体の代謝が悪くなるといわれています。
骨盤ガードルや骨盤ベルトなどを使って、産後の骨盤ケアをしっかりとしてあげることが重要です。

出産後は、赤ちゃんのお世話などに追われてなかなか運動をする時間もないと思います。
そんなときにおすすめなのが、簡単なストレッチです。
母乳をあげたり、だっこをしたり、同じ体勢でいることが多くなります。
なので、朝や夜など時間のあるときに深呼吸をしたり、普段使わない部分を伸ばしたりすることによって代謝も上がってきます。

キレイなママを目指して産後ダイエットを頑張りたいものです。